関勉

せきつとむ

アマチュア天文家
コメットハンターとして知られる独学で天文学を学んだ日本のアマチュア天文家。
彼は、本田彗星、マックガン彗星の影響で彗星に興味を持ち、捜索を始め、1961年10月11日に初めての彗星である「関彗星」を発見したそうです。1965年の池谷・関彗星は肉眼でもはっきりと見える彗星として日本に天文ブームを巻き起こすきっかけとなりました。その後も小惑星ハンターとして220個以上も発見しており、地名や人物などの名前をつけています。惑星の名前の中には、「はりまやばし」や「桂浜」など、高知に関係する地名が含まれており、高知県民にとってはうれしい限りです。

最近見た観光地

  • マイリストを表示
  • 閲覧履歴を表示
  • リストをクリアする