朝倉城跡

あさくらじょうせき

所在地:高知県 高知市朝倉

高知市

マイリストに保存する

高知県下における戦国時代の城砦群のうちで最大クラスの平山城。約100mの丘陵で、頂上部には広さ20aの平坦面があり、高さ3mほどの急斜面によって囲まれている。長岡郡の北部を領した山本茂宗が、1532年頃までに土佐の中央に進出するために築いたと考えられる。また、この近くからは2000年前の弥生式の石器や土器等が出土し、2棟の竪穴住居跡が確認されたという事でして、「朝倉城山遺跡」ともなっているとか。

駐車場 あり
駐車場概要  
問合せ先 高知市観光課
料金  
開館/閉館  
休館/休業日  

※場所によっては地図上の表示位置が実際とは多少異なる場合があります。

最近見た観光地

  • マイリストを表示
  • 閲覧履歴を表示
  • リストをクリアする