朝倉古墳

あさくらこふん

所在地:高知県 高知市朝倉

高知市

マイリストに保存する

高知県史跡でもある赤鬼山の東斜面にある弥生中期の遺跡。明治初年に開墾の際、須恵器、馬具、鉄鏃が出土したとされる。円形の墳丘は、その開墾時に削平され現在は横穴式石室が露出して残っている。羨道・玄室ともに巨石を使った巨石古墳の1つで、南国市の小蓮古墳・明見1号古墳と合せて土佐の三大古墳と称している。石室の築造様式から7世紀までの築造と思われる。

  • フォトギャラリー

駐車場 不明
駐車場概要  
問合せ先 高知市観光課
料金  
開館/閉館  
休館/休業日  

※場所によっては地図上の表示位置が実際とは多少異なる場合があります。

最近見た観光地

  • マイリストを表示
  • 閲覧履歴を表示
  • リストをクリアする